2016年11月17日木曜日

高山植物保護ネット 市民フォーラム

こんにちは。立て続けの投稿となります、M1の内田です。
今日は11月12日(土)に行われた、北海道高山植物保護ネット主催の市民フォーラムの様子についてお伝えします。

大原先生からの挨拶


北海道高山植物保護ネットは、高山植物の保護や外来種・エゾシカ問題などに取り組む道内各地の自然保護団体から成り立っており、大原先生が代表を務めています。
今回の市民フォーラムでは、植物写真家である梅沢さんの講演や加盟団体の皆さんの活動報告のほかに、若手研究者による研究紹介として大原研から私と相田くんが発表を行いました。

発表の様子①

発表の様子②

一般市民の皆さんの前で発表する機会というのはなかなかないので、とても良い経験になりました。発表後、「分かりやすかった」や「面白い研究だと思った」などと多くの方から感想をいただき、今後の研究に向けての励みになりました。

北海道高山植物保護ネットのfacebookにも、このフォーラムの様子が投稿されているので、興味のある方はそちらも是非ご覧ください。

2016年11月1日火曜日

ナガボノシロワレモコウ調査 9・10月

季節はすっかり冬ですね。
お久しぶりです。M1の内田です。
今回は9~10月に行った調査の様子をお伝えします。

9月に入ってからは、結実した種子の採取が始まりました。個体間、花穂間で種子生産(結果率)を比較するために、持ち帰った花穂は1つ1つ顕微鏡で種子数を確認しました。1つの花穂に100個以上の種子が付くので、調査のない日は顕微鏡室にこもりっぱなしです(^-^;)


結実したナガボノシロワレモコウ


また、9月下旬と10月中旬には、道南や道東で新たな調査地の捜索とサンプリングを行ってきました。来年、複数の地域集団で比較を行う予定であるため、個体サイズや開花フェノロジーなど異なる集団を確認してきました。情報をくださった先輩方、ありがとうございます。



道南の個体は小型でした
日高地方にあるミヤマワレモコウ




















調査はほぼ終了し、これから残りの種数えや統計解析が始まります。近々行われる発表会に向けて、忙しくなりますが頑張ります!

 



2016年10月13日木曜日

マリモ通信その3

こんにちは。学部4年の梅川です。久々のマリモ通信です!今回は先日阿寒湖で行ったサンプル採取の様子と、多くの観光客が訪れたまりも祭りについてご紹介したいと思います。

10月5日に船で阿寒湖の各所を回り、観察とサンプル採取を行いました。今回が私にとってのシュノーケリングデビューということで、ドライスーツをしっかりと着用して、意気揚々と湖へと繰り出しました!泳ぎ自体はそれほど苦労しませんでしたが、秋も深まる季節柄ということで、厳しい寒さに打ちのめされました・・・。ですが普段船上からは見ることができない水中でのマリモを見ることができたので、水に入ることができて良かったと感じました!


水に入る様子。とにかく寒い!

10月8日から10日には、毎年恒例のまりも祭りが開催されました!8日には若菜さんによるセミナーののち、生育地観察会が行われました。一般の方々がマリモ生育地に入る機会はなかなか無いため、参加者の皆さんは興味津々な様子でマリモを観察していました!


生育地観察会の様子です。

まりも祭り全体を通じて、多くの方々のマリモへの思いを感じることができ、私にとっても忘れられない体験となりました。最後に、9日に行われたたいまつ行進の写真を載せておきます。次回もご期待ください!




2016年8月26日金曜日

広尾中学校修学旅行受け入れ

ご無沙汰しています。雨を呼び寄せる大嶋です(笑)
台風10号はなんであんなに迷子なんでしょうかね?

さて、8月26日に広尾中学校の中学3年生が修学旅行で北海道大学に来てくださいました。今日はその模様をお伝えします。

今回は中学3年生20名、引率の先生が3名いらっしゃいました。まず、私たちが所属している環境科学院の実験室の見学を行いました。

その後、北大構内を散策しました。
散策では、まず博物館に行き見学しました。博物館は先月リニューアルオープンしました。
クイズなどの面白い展示も増えていて、引率しながら楽しませてもらいました。

博物館のクイズゲームを楽しむ中学生

展示もしっかりみてくれたかな?

次に理学部のステンドグラスを見に行きました。理学部のステンドグラスは本当にきれいなので、ぜひ見てもらいたかったのです。


ステンドグラス前で集合写真をとりました


その後、学校内のクラーク食堂で一緒にお昼を食べました。おかわりしている人もいて、びっくりしました。さすが中学生ですね!


クラーク食堂での一幕
学食のメニューはおいしかったかな?

今回の修学旅行でいろいろなものを見たと思います。大学を少しでも感じてもらい、興味を持ってもらえたら嬉しいです。
広尾中学校のみなさんありがとうございました!





さくらサイエンスプロジェクト

こんにちは!学部4年の梅川です。久々の投稿です!

今月22日に、「さくらサイエンスプロジェクト」という事業のうちの1つのプログラムとして、高校生の皆さんが研究室に来てくださいました!今回来てくださったのは、札幌開成高校、茨城県の清真高校、そしてタイとベトナムの高校生です。

内田さんによる講義の様子

高校生の皆さんには、野外調査から遺伝解析の流れを説明し、実際に体験してもらいました!あいにくの悪天候のため、遺伝解析が中心となってしまいましたが、皆さん熱心に取り組まれていました。

ピペット操作を体験してもらっています

野外調査と遺伝解析の両方が大事なのだということ、また私たちがどのような研究を行っているのかについて、伝えることができたのではないかと思います。今回来てくださった高校生の皆さんの中から、研究に携わるような方が出てくることを期待しましょう!

2016年8月25日木曜日

ナガボノシロワレモコウ調査 8月

北海道にも台風が近づいてきていますね。
こんにちは、M1の内田です。今回は久しぶりに調査の様子をお伝えします。

7月下旬以降は気温の高い日が続き、一気に生長が進みました。
毎週計測していますが、私の身長を超えるほど花茎が伸びてきたので、そろそろ踏み台が必要ですね(笑)

8月に入ってからは花が咲き始めました

とあるお宅に植えられているナガボノシロワレモコウ
計測すると2.5mでした…

今年はワレモコウに産卵するチョウの個体数も非常に多く、たくさんの卵や幼虫を発見できました。今後、幼虫の捕食率やできた果実について調べる予定です。
果実ができるのは9月以降になります。その時はまた調査の様子を更新するので、ぜひご覧ください(^_^)

2016年8月6日土曜日

ラジオ局へ行ってきました!

こんにちは、暑い日が続いていますね、相田です。

さて、よく分からないタイトルだと感じるかと思いますが、AIR-G'という北海道のFMラジオ局に先日の4日木曜日に、研究室のみんなで行ってまいりました。
というのも、大原先生が出演の依頼を受けたので、それに合わせてみんなで見学に行った、ということなのです。

今回先生が出演されるのは、「ほっかいどう宝島」という番組で、北海道の自然や文化などの魅力について紹介している番組だそうです。

大原先生は北大にたくさんあるハルニレ(エルム、なんて呼んだりもしますね)と、北大の校章であり、僕も含めて大原研でずっと研究されているオオバナノエンレイソウについてお話ししていました。
ハルニレとエンレイソウの北大にまつわるエピソードやそれぞれの関わりなどなど、自分達も聞いていて勉強になりました。

繰り返しになりますが、FM AIR-G'の「ほっかいどう宝島」という番組で、8月21日(日)の夕方6時半からOAされるとの事、みなさんぜひチェックしてみてください。


パーソナリティーの山口さんと収録する大原先生


記念撮影してもらいました