2017年7月3日月曜日

ナガボノシロワレモコウ調査 6月

暑くなったり、寒くなったり、最近はよく分からない気候ですね。
ご無沙汰しております。M2の内田です。
今回は6月のナガボノシロワレモコウ調査の様子をお伝えします。

調査と言っても、この時期はまだ花茎が伸び始める時期なので、特に作業をすることはありません(笑)
まず、今年で3年目となる調査地での様子ですが、昨年度よりも花茎が出ている個体が多く、フェノロジー(生物の活動周期と季節との関係のこと;生物季節)が少し早めだなという印象を受けました。

 
今年は道南地方の集団でも調査を行っています。6月末にこちらの集団を観察したところ、花茎が全く出ていませんでした。潮風の影響か、成長が遅いようです。


また、6月始めに行った道東でのスズラン調査の際に、偶然ナガボの集団を発見しました!
さすがに花茎は早すぎたため出ていませんでしたが、個体数が多く、個体サイズ自体も大きかったので、とても興味深いサイトでした。


写真だと違いが分かりにくいですね。まだ花の時期でもないので、地味ですし(笑)
私の調査の本番はこれからなので、今後も更新していきます。ぜひご覧ください(^-^)

2017年6月19日月曜日

マリモ通信その4

こんにちは!修士1年の梅川です。今回は物凄く久しぶりにマリモの調査についてお伝えしていこうと思います!

5月の中旬頃からつい先日まで、私は阿寒に滞在して実験・調査を行っていました。6月13日には、球状マリモの群生地に潜水して調査を行ったので、今回はその写真を載せます!

大きな球状マリモを発見しました!

阿寒湖での初潜水でしたが、無事に調査できました。

これまでは船上からしか球状マリモを見ることができませんでしたが、念願叶いやっと間近で湖底の球状マリモを見ることができました!想像していた以上のスケールで、圧倒されました・・・。夏にまた調査を行う予定なので、その模様もこのブログでお伝えしたいと思っております!

2017年6月16日金曜日

道東エンレイソウ調査

こんにちは、相田です。
研究室で他のメンバーがブログの話をしていて、ふと自分が今年度の調査のブログを書いていないのに気がついてしまいました、、、。
実験やらねば!で後回しにしたこと自体を忘れていましたorz

5月の上旬、中旬に道東にエンレイソウ属植物の調査に行ってきていました、大分遅いですが2回分まとめて書いていこうと思います。

1回目は大原先生と、2回目は梅川くんと一緒に調査を行ってきました。

1回目の調査は5月の上旬、道東地方のオオバナノエンレイソウなどが開花するには例年ですとまだ早い時期ですが



網走地方ではちょうど花が咲き始めていました!なんと。
5月のゴールデンウィーク前後、北海道はフェーン現象なんかもあってかなり暖かかったんです(なんと、全国でその日の最高気温が最も高かったのがオホーツク地方だった、という日もありました)。

ということで、当初の予定にはなかったのですが、交配実験なども含め、調査を行ってくる事ができました。


道東でもオホーツク海から離れたフェーンの影響を受けていないあたりでは地面から蕾が出てきたばかりの様子でした。

まだまだ蕾


夜ご飯はスパカツを先生と食べに行きました。
以前もブログに書いていた気もしますが、めちゃめちゃ美味しかったです。釧路に来たらコレですね。


スパカツ@釧路


5月中旬には、梅川くんが阿寒に泊まり込みで調査に行くのに合わせ、道東の調査を手伝ってもらいました。
前回咲いていなかった地域でちょうどエンレイソウが開花しており、天気にも恵まれて、良い調査になりました(調査に必死過ぎて1枚も写真がありませんでした・・・)。


宿は梅川くんがいつも阿寒での調査の際に宿泊している東邦館さんに僕もお世話になりました。ご飯が美味しすぎましたね。こんなにご飯が美味しいところで宿泊して調査しているとは、、、梅川くんが羨ましい限りですね。


晩御飯


2回ともとても楽しい調査でした。
他のメンバーの調査にも同行していますが、やはり野外で活動するのはとても楽しいです。

また機会があったら書こうと思います、それでは!

2017年5月31日水曜日

道南調査

春ですね。フィールドシーズン真っ盛りです。


こんにちは。M2の大嶋です。
今日は5月26日~28日に道南に調査にいってまいりましたので、そちらの模様をお伝えします。

今回の調査も色々な地点をめぐっていただきましたので是非見ていってください。連日お天気が悪く不安でしたが、調査中は雨があがっていたので本当にありがたかったです。
仲間の晴れ運が強いおかげですね。ありがとうございます。

1日目は札幌を出発し、森町にあるウバユリの調査地に向かいました。

森町での調査地にて

森町は私の研究内容的にすごく興味がある調査地です。今回の調査でより良い個体群を見つけることができました。人生万事塞翁が馬とはこのことでしょうか。。。

2日目はまず函館から道南のナガボノシロワレモコウの調査地にて調査を行いました。

その後、乙部町にあるウバユリの調査地に向かいました。


今年は乙部調査は天候に恵まれず・・・・
 乙部町は去年よりウバユリが少ないような気がします。さて今年のウバユリはどのくらい開花するのでしょう。7月が楽しみです。

3日目は函館山にスズランを探しにいき、午後に苫小牧でスズランの調査を行いました。

スズランの花
 今回の調査は冒頭にも書いたとおり天候に恵まれず、雨の中の移動となりました。先生本当にありがとうございました。


2017年5月18日木曜日

石狩ウバユリ調査

こんにちはM2の大嶋です。

北海道もすっかり春になりました。私は本州の出身なのでまだ涼しいのですが、研究室のメンバーは道民が多いので「暑い暑い」という声が聞こえてきます。・・・・涼しいんだけどなぁ。。。

さて5月に入ってからウバユリの調査が本格的に開始いたしました。今日は5月18日に石狩に調査に行きましたのでそちらについて書こうと思います。

この日は晴れで気温もちょうど良い感じでした。今回のウバユリの調査ではある一定の面積の中にウバユリの発芽したばかりの個体(実生) から開花個体までがどのくらいいるのかを調査しました。

調査風景

ウバユリの実生個体 緑色の細長いものです

ウバユリの実生は写真のようにすごく小さいのですが、何年も掛けて大きく成長し、開花するまで成長するころには私の身長を超えるくらい大きくなる個体もいます。

開花個体にマーキング
研究室のメンバーにはいつも本当にお世話になりっぱなしです(汗)。
本当にみなさまいつもありがとうございます。もう少ししっかりするように頑張ります。

記念撮影
さて、調査はまだまだこれからです。今年は天候に恵まれると良いのですが・・・・(苦笑)
これからも随時更新していきたいと思いますので、ぜひお立ち寄りください!

2017年4月24日月曜日

広尾ご挨拶

こんにちは!
はじめまして。今年度から大原研に加入しました、学部4年の三木田涼佳と申します。
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします!


さて、4月17日~18日に、研究室のみんなで広尾町に行って参りました。


広尾環境教育活動などの際にお世話になっている、町役場の方々にご挨拶に伺いました。
みなさん、とても気さくに話して下さり、楽しい時間を過ごすことができました。
広尾町役場の方々、ありがとうございました!


また、5月の環境教育活動で訪れる、広尾町シーサイドパークの下見もしてきました。


エンレイソウを探しています。
小さな新芽が、少し見つかりました。

今年は、例年よりも倒木や枝折れが多かったようです。
光がたくさん射し込み、林床まで明るかったです。

広尾中学校の学生たちが育てて、移植した
オオバナノエンレイソウのある区画を見ています。

また、宿泊するホテルへ向かう途中、スズランの調査地の下見もしてきました。
スズランは、今年度から私が研究するお花です。


中札内村にあるスズランの自生地です。

スズランの調査地の下見をしています。

私にとって初めての調査でしたが、とても楽しいものとなりました。
大原研のみんなと一緒に、これから頑張っていきたいと思います!
大原先生、梅川さん、帰りの悪天候の中、運転お疲れ様でした!

2017年4月10日月曜日

2017年度 大原研新歓

こんにちは。今年度から修士1年となりました、梅川健人です。
連日の投稿となりますが、今回から2017年度の出来事について投稿をしていきます!

今年度から大原研には、田中亮輔君(修士1年)と三木田涼佳さん(学部4年)が新たに加わることになりました。そこで今月の6日に、新人歓迎会を行いました!

一次会は鶏料理のフルコースを満喫しました。新人の2人も交えて様々なお話をすることができました!

大原先生の隣に座っているのが田中君(奥)と三木田さん(手前)です

二次会は落ち着いた雰囲気のお店でゆったりとくつろぎました。一次会、二次会ともに、楽しい新歓となりました!

沢山食べて、飲んで、語り合いました

新人2人を迎え、新体制となる今年度の大原研ですが、今まで以上に研究に励むとともに、このブログで楽しい話題を皆さんと共有していきたいと思っております!是非またご覧になってください!